www.yuzde52.org

-

-

ようやくエントリーする時という段階ではまずは準備をしなくてはいけません。売買を行う前であったならば起こる事を理性的に調べる事ができる余裕があります。だがしかし、ひとたび市場の内側へ深入りすると、どうしても捉え方が独りよがりになり肝心な時にしっかりとした考え方が出来なくなる。不安があります。それだけに己の客観的な場面で、適切に準備を進めておくことが大切なのだ。この”準備”とは、始めに自分だけの台本を書くことからスタートする。今後のこの通貨はこうだからこの通貨を売買するというように、自らの台本を書いていきます。次にチャートを調べましょう。以前の相場の上下を見極めて現時点での位置を確かめます。そうすると、「今現在は結構行き過ぎた状態にある」とか、それとも「もうすでにたくさんの人々が売買しているからこれから売り(または買い)しても手遅れだな」ということが納得できます。当然、今さら買い(または売り)するのが間に合わないなと思ったならば、何もせず、この場面ではきっぱりと割り切ることが肝心。どう工夫してもあなたの物語を押し通して吹っ切らずに売買すると相場にやられてしまい、損害を受けることになる危険性があります。ただし大体の場合では用意周到にシナリオを作り上げていればエントリーが間に合わないなということにはならないと思います。おそらく、本格的に為替相場が動き出す前の状況のはずだからです。その次にとりあえずあなたが注文しようと考えている売買ポジションの変動をきちっと確かめる事が重要です。仮定として円安になるという物語を記したのであれば該当する通貨の上下動に注意を払っておきます。市場の上げ下げを気をつけ始めた状態では、分かりやすく変化する気配を見せることはなく上がったり下がったり細かい上下動をしているだけでしょう。しかしながら、その推移をじっと気をつけていると、あるところで着実に円安へと相場が向い始めます。このタイミングで、ドル円の新規注文を出すのだ。一般的に、ここまで十分に事前準備をしておけば、そのエントリーで勝てる割合はかなり大きくなります。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.yuzde52.org All Rights Reserved.