アメリカンエキスプレスカード

-

-

店舗で全ての所有カードが切れるわけではない◆クレカ会社の契約店舗は、ときには5を超えるクレカブランドと契約しているわけですが残念ながら一軒一軒のお店でどれもの運営会社のクレカが切れるわけではありません。http://blog.livedoor.jp/tyhfres/

例えば以前からある店舗のときはJCBのロゴの入ったクレカしか使用できない場面もあるし最近できた商店ではVISAとマスターカードといったマークの書いてあるやつだけしか使えないときもあります。マユライズ 解約出来ない

ダイナースのようなクレカの場合よけいに決済できないお店が増えるでしょう。乳糖不耐症の子供・カルシウムの取り方!乳糖不耐症の子にカルシウム

どのような所有クレカが決済できるかをどのように見たらいいの「ならどのようにしてどのブランドの所有クレカが使えるかを確かめたら良いのか?」というと本当のところを判断するのにはショップの人に尋ねてみる以外にはないていうのが正直なところ正しい答えです。ボニック

でもたいがいの店舗やレストランには加盟店の見える場所に使用可能なクレカのブランドがプリントされている認証マークが掲示されていることから、「ふーんそこの店はVISAカードが使用できるのね」というのが困らないようにされているから確認してもらえると思います。

とはいうものの、しっかり契約管理が行き届いていないショップのような場合には、印が掲載されている場合でも「当店では××クレジットカードは決済いただけません」といったような返答をされてしまうケースもないわけでもなく途方に暮れてしまうことだけは避けたいところです。

そこで、できる限りは全てのショップでカードが使用できるようにする目的で、別のロゴ(欧米圏のブランド)がある一般的なVASA、MasterCard、ダイナースカード、アメリカンエキスプレスカード、等のクレカを複数枚財布に入れておくようにするようお勧めします。

(例として:ニコスカードを持っているならもう一方はアメリカンエキスプレスカード付帯のカードを契約する等)。

国内においては、VISAカード、マスターカード、JCBの3つのカード会社が書いてあるクレジットカードを常に所持していれば間違いなく100%の加盟店舗でどれかしらのクレカを差し出すよう準備万端というわけです。

カードを使ってカードライフを目標とするのであれば早いうちに万能に対応できるカードを契約しておいて損はないでしょう。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.yuzde52.org All Rights Reserved.