外貨への投資の「長期スタンス」

-

-

外国為替証拠金取引(FX)についての面白いところは、単独の金融商品あるのに資金投下の期間を短い・普通・長いという3種類の期間からどれを選ぶのかによって、資本の投下のやり方が違ってくるという点にあると言います。池袋界隈で医療レーザーの全身脱毛ができる美容外科

まずは外貨への投資の「長期スタンス」を考えよう。ケノン

長期は、一年以上の出資を前提にしているものです。ピューレパール

基本的に為替においては一年以上も先々の為替のレートが円高でしょうか、あるいは円安になっているかを考えるなんてことは普通は困難に違いありません。おいしい おせち

当然、「後々のことは予想できない」と考えるのが本音だからです。

予測もできないものを予測しようと努力したところでそんなことは無意味な行為です。

そういったことから他の貨幣を買ったと仮定して、その時点での価格よりも円高に変わったとしても、その損失分は少し経てば返ってくるはずだという軽い感覚で売買に挑む必要があります。

利益を懸命に求めることよりも他の差益要はスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)を稼ぐのを、まず最初の目当てにして始めてみましょう。

もちろん少しの間に為替変動の損がすごくなることがあります。

そのため、その差損にも大丈夫なよう、レバレッジをできるだけ少なめにやり取りするのは大事です。

FX(外国為替証拠金取引)は、損が一定金額を上回って広がると追い証が発生したり、あるいは損切りを置く必要があります。

ロスカットになったらその場で取引を決済することになり長期投資がダメになります。

この種のリスクを回避するには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2、3倍ほどで取引することです。

次に中期のスタンスの場合の取引に関してです。

中期スタンスにおいては最大でも1、2ヶ月位先を見越しての取引であります。

為替取引の際、1ヶ月先のことは、ある程度先読み可能な場合が多いでしょう。

G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)などの国際集まりや、為替市場で売買している人たちが何を問題に関心があるかを考えてみれば、それなりに、推測できるのです。

このような経済情勢を見る一方でグラフを見ることで、為替レートの状況をわかるようになり取引を見極めるのがベストです。

基本的に経済の基礎的条件とテクニカルのどっちも良い状態でありまたは買い傾向が一致している時はおおよそその方向に行くと考えて良いでしょう。

そうした時は保有高を増やすことによってより一層多くのリターンを受け取れるはずです。

3つ目に短期の重要点。

この短期スタンスというのは、つまりはデイトレを意味しています。

為替相場でデイトレーディングをするにはファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)はまったく関係しないと思います。

なぜならば翌日の為替レートの変化に、経済の基礎的条件は絡んでいないからです。

ここでの最大の狙いどころは大きな出来事がある場合それが影響して為替相場が著しく動く時を見落とさないよう行動することです。

例として、アメリカ合衆国で雇用情勢が発表されるないしは金融政策が行われることによって制作金利が変わるという催し。

こういう絶好のチャンスに変わり様をものにするといった意味から、短期のトレードでは多種のデータが必須となる。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.yuzde52.org All Rights Reserved.