スプレッドの広さを知っておきましょう

-

-

「スプレッド」とはFX取引は通貨ペアを売買の注文をして収益を狙う取引です。無料お試し化粧品おすすめ

売買の注文の値段は、1日中変化しています。ピノキオ薬局の薬剤師求人はコチラ

それが為替相場です。抜け毛 シャンプー 女性

ラジオのニュースを聞いていると外貨のマーケットのニュースが流れることがあります。毛穴に効く美白のための美容液は

よく見るのが「本日のドル円相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。激安ベット

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという事を意味するのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを表示しています。ライスフォース

要するに、売買には買値と売値の2個の値段が存在する事を示しています。

売値のことをビット、買値の事をアスクと表示するFX業者もあります。

普通は売値のほうが買値よりも安価に定められています。

あなたが買うときには高く、売るときには安くなっています。

その差をスプレッドといい取引業者の収益のひとつとされています。

スプレッドの幅はFX会社によって変わります。

スプレッドの差は利用者にとって負担になるので、小さい取引業者をピックアップしたほうが優位です。

ただ、同じFX取引会社でも場面に応じてスプレッドの狭さは変化します。

仮に日常的には円とドルの組合せで1銭のスプレッドの幅でも、為替相場の動きが激しいときには広くなります。

という事で、スプレッドの幅が狭いのと同じくらい変わらないのが大事です。

現在では変化しないスプレッドの狭さを見せるFX業者も多くあったりします。

現実にFX取引会社の取引画面上でリアルな為替相場を見なければ区別できないのでやっかいですが必要な事です。

貴重な投資資金を投資して取引をするのだから、売買の前に心惹かれたFX業者の新規口座開設をどんどんして、スプレッドの広さを知っておきましょう。

同じペアでもそのときの変動率によって、スプレッド幅は異なります。

普通は、銀行間取引で流動性の高い外貨ではスプレッドが小さくあとの通貨ではスプレッドの幅が広くなる事があります。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.yuzde52.org All Rights Reserved.