つけることこそが不可欠です

-

-

実際にパソコンのディスプレイの前に座り止まることなく上がったり下がったりしているマーケットを見ていると、何やら取引をしなければならないという抑えようのない気持ちに追い立てられる人も少なくありません。クラミジア原因性交渉以外

しかしながら、不明瞭な考えでトレードすることだけは絶対にしてはいけません。PMS イライラ

確かに、外国為替市場は四六時中、いつでもどこかの国で為替市場はやっているし市場も常に上がったり下がったりします。レバリズムl 最安値

しかし、闇雲にエントリーをしているとその分損失が生じる率が高くなります。

無論、売買の数を積む事で少しずつ勝利する可能性が50%、50%になるのは事実。

しかしそれは「はっきりしない感覚でトレード」してしまうこととは話が異なります。

取引回数を増やす意味というのは、自分で「ここは!」と思える勝算を持った場合の取引回数を増やすという意味である。

何となく、休む間もなく取引を繰り返すのとは明らかに違います。

為替相場の駆け引きに負けないためには自ら主体的に緩急をつけることこそが不可欠です。

「ここだ!」と思い至った外国為替市場の時には、迷うことなくポジションを多くして意識して儲けを求めます。

「何となく悩ましい相場でどう変化するのか理解できないな」と思った時は、潔く保持ポジションをひとつ残さず見切りをつけて放置します。

これぐらいのけじめをつけた方が最後にはトレードは成功します。

市場の名言には「休むも相場」というものがあります。

まさに言葉どおりです。

外国為替相場とはいついかなる時でも売買ポジションを保持する事が重要ではなく何も持たずに何もしないことも相場です。

じゃあ、どういう時に休む必要があるのでしょうか。

最初に考えられるのが、先に述べたように、今の相場展開が明確に理解できない時です。

今後円高になるのか、それとも円安になるのかがわからないような時は、ヘタに動くと、自分で考えたストーリーとは逆方向に相場が向ってしまい、損失を被ることになる。

そんな場合はポジションを減らして何もしないで静観を決め込むのがいいでしょう。

もうひとつは、体の状態が変なときです。

コンディションと市場につながりがない感じる投資家もいると思いますが実は案外影響します。

体の状態があまりよくなければ、マーケットの大少な局面で、落ち着いた決断を下すことができません。

関心がわかない時は相場から遠ざかる事も大事な事です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.yuzde52.org All Rights Reserved.